9月秋の始まり 始まり

毎度!シバキマンです。

先週までの怒涛のLIVE週間も一旦落ち着きました。

夏、今年も一気に駆け抜けた感でいっぱいです。

そうそう、8月最終の日曜はMy ショップ birnestの5周年。

もうお祭り騒ぎ。

DJ-RIN / DJ KY-Oの二人がHIP-HOPサイドから出演。新譜のダンスホールも
ガンガンかけてくるSTYLEはさすがの一言。

お隣り新潟日本海モンスターも連日の疲れを吹っ飛ばすPLAY、圧巻。

そして大阪よりこの日のゲストが登場。

INTERCEPTERのマー君とは俺が19歳になる前くらいからの繋がり。

何年経っても変わらない繋がり、本当にありがたい。

声が枯れそうになってたにもかかわらず、FULL VIBEZ!!! RESPECT!!!

 

その流れで本日のシークレット登場。

JUMBOMAATCH!!!どうだ!ってくらいNewアルバム〜1999年あたりまで

熱唱のLIVE。

一気に会場の熱もヒートアップだったね。

そしてマイジャことMJR のKYARA。

往年のダブプレートの連打。

やっぱいいわ〜!

そして、会場の熱も最高潮。

昭和の兄弟がトリをいただきました。

この日も怒涛、あっという間の30分。いつも有難う。

「昭和の兄弟のLIVEはめっちゃハード」

というお客さんの声もよく聞いてましたが、

「LIVEを楽しむためにトレーニング始めました」

なんてお客さんも出て来てびっくり。

確かに、昭和の兄弟のLIVEって駆け抜け感が半端ないんで体力いります。

なんで、昭和の兄弟は4人ともパワフルなんです。

地元の出演者もお疲れでした。

富山レゲエの底上げを始めたのが2年前。

回を重ねるたびに、シーンが良くなっていってる。肌で感じる。

ゲストのみんなも思いっきり楽しんでくれてる。

また、皆で集まりあったまろう。