シバキマン活動記

北信越ラガスプ ありがとう

2019年7月13日(土)clubMAIROにて

バッチリ7時間30分 爆音レゲエ楽しんでいただきました。

今回もPHOT はWTPが担当。いつもありがとう。

 

朝方6時の集合写真。

最後まで残ってた関係者、お客さんが余韻に浸り過ぎて、全く帰らずMAIROのSTAFFさんに

迷惑かけたな〜。

出演者、STAFF、ご来場いただいたみなさん本当にありがとうございました。

 

ひっさびさに富山の大箱club MAIROという場所でレゲエオンリーで朝までダンスホール。

しかも、新潟、長野、石川、福井、岐阜、富山各地から遊びに来てくれてました。

これが最初の一歩。

 

まだまだ、北陸のシーンは熱くなるって確信できた。

ダンサーのレベルもどんどん上がっていて、見ていてとても素晴らしいと思えた。

 

 

ラバダブも大いに盛り上がりを見せた。

飛び入りで参加した長野の田口マン、そして地元のGORI16、カットマンはJIGOっていう

なかなかなメンツで

レゲエの楽しさを伝えれたんじゃないかと思います。

北信越や東海にはまだまだレゲエのアーティストがいます。

Deejayはもっと曲をリリースしてお互い切磋琢磨していけば

近い将来、未来は明るいな。

 

 

 

SOUND TIME

最初の10分交代のセッションはわかりやすく

どのSOUNDもカラーが出てたね。

もっとメインタイムでこれやりたいと思う。

そして、3時過ぎからは踊りたい!ってお客さんが上がりまくっていたなぁ〜。

 

 

ここで紹介する以外にもまっだまだたくさん写真があったんだけど

とりあえずピックアップで紹介。

みんな楽しそうで何より。

 

司会を務めたDIESELもお疲れさん!!